(※このページは2020年6月17日に更新されました)


突然、救急車で病院へ行かなければいけなくなり、その後、症状が問題無かったり、ベッドの空きが無い場合、帰らなくてはいけない時があります。

 

「歩いて移動ができない」→車椅子

 「寝て帰りたい」→ストレッチャー

 

自宅へ帰ったら二階のベッドまで運んでもらいたい」

など、「民間救急とうねりケアサービス」を呼んでください!

 

民間救急とうねりケアサービスのブログ

夜間の業者は少ない

夜間に走る民間救急、生活保護の申請条件とは

夜間は色んな事があります

 

夜間搬送は救急病院からが多いです。