介護タクシーとは

病院へ行って初めて介護タクシー等を使うことがあると思います。転院、帰宅等でです。


介護タクシーと、いわゆる普通のタクシーでは、料金は違うと思って間違いないです。


普通のタクシーはお客さんを乗せるのに、電話やネット予約、道路を流してお客さんを乗せる、駅などタクシー待機所でお客さんに乗ってもらう等です。


介護タクシーは福祉限定車両(最低でも介助が必要な方)です。上記の電話やネット予約以外お客さんを乗せることはありません。感覚としてはハイヤーに近いですね。


介護タクシーの中には車椅子のみ乗せられる普通車両があります。


介護タクシーの中にはストレッチャーを乗せられる大型車両があります。この車両だと医療系の搬送経験がないとお勧めできません。

だいたいの業者は、看護師を用意でき、酸素・吸引器・モニター等を用意できます。


ここまで用意できると介護タクシーというより民間の救急車(民救)です。どこまでやれるかはネットでお願いします。


民間の救急車はあらゆることに対応するため、特に色んな機材を用意しています。


移送費にはこうした運賃+介助費+機材費がかかります。


ご依頼されるときはご相談ください。