最高の体調を管理する民間救急メソッド

民間救急の仕事は突然仕事が始まる場合が多いので(私の場合)、生活リズムが崩れやすいかもしれません。仕事量は福祉限定なので、丸一日連続で動いていることはめったにありません。


力仕事が比較的多いので自分の体調管理には気を付けます。車に長く乗っているときは、エコノミークラス症候群みたいにならないよう気を付けます。


体調の善し悪しはまず体温と脈拍から判断します。時間の合間にする競歩やランニングでもわかります。筋トレとかもしますが仕事で筋肉をつけられるため、筋肉をつけるというより調子をみるためにやっています。


たまに喉が痛くなった時は、マヌカハニーをなめたり、毎日飲んでるアロエベラジュースの量を増やして休んでいると、だいたい回復します。


時間が無いけど太りたくないな~って時には、パワーブリーズで呼吸筋を鍛えます。最近マイブームなのは内臓を動かすトレーニングです。


年齢を重ねると、内臓の脂肪が落ちない気がしませんか?私が思うに、内臓を動かす強度のトレーニングしないのが原因かと。なら、直接内臓を動かすトレーニングすれば良いというのにいきついてます(^o^)


息を吸うときに腹をヘコませ、吐くときに腹を戻す。腹を動かすリズムが作りやすいです。みなさんもいかがですか?

(o´∀`)b


#民間救急 #介護タクシー #ブログを更新

#救急病院 #健康管理 #マヌカハニー #アロエベラジュース #パワーブリーズ #内蔵脂肪