夜間の業者は少ない

深夜に救急車で病院に入ってから、転院もしくは自宅へ帰る時があります。

ストレッチャー(寝ているまま)か車椅子で移動される方は、付添の方が民間救急・介護タクシーを探さなければなりません。世の中、救急車をなるべく使わない方向になっているので。


おそらく(私は見ていないので)病院の方から民間救急・介護タクシーのリストを渡されます。


よくお聞きするのが、なかなか電話がつながらない。つながったとしても夜はやりませんと断られるお話し。


普通のタクシーと勤務のしかたが違うので、動いてくれない可能性が高いです。


「どうして?」


と思われるかもしれませんが、夜間の民間救急・介護タクシーの仕事量は少なく、仕事として成り立たないので、いっそのことやらない業者が多いのです。お酒も飲めますしね(笑)


普段から車椅子を使っている方はなかなか捕まらないのはご存じですが、そうでない方が骨折して寝たまま移動ということになったとき困るかもしれません。


夜間、病院に頻繁に出入りしている業者に頼むのが最短時間かもしれません?


#民間救急 #介護タクシー #ブログを更新

#救急病院 #夜間