タイヤの気持ち

民間救急の仕事上、タイヤとの関係は切っても切れません。


タイヤは乗りごごちに大きく影響します。


私の仕事のタイヤ関係は、車、ストレッチャー、車椅子です。


車のタイヤはスリップサインが見えるまで大丈夫と思っていませんか?

タイヤは横にも変形するので、スリップサインが出でいなくても、横のゴムがすり減ってます。

うまくローテーションしたとしても、一本でも偏摩耗していたら四本とも代えた方がバランスが良いです。

ハイエースのタイヤを交換したとき「タイヤの形はこんなだっけ?」ぐらいになってました(笑)


ストレッチャーのタイヤはすり減ると、ロックの効きが悪くなります。

また、しばらくストレッチャーを使わないでタイヤをロックしていると、タイヤの形が崩れて振動の元になります。


車椅子のタイヤも乗りごごちに影響します。空気圧を調整できるのなら、少なめの方が柔らかい乗りごごちになります。

しかし、しばらく空気圧調整していないと空気が抜けるので、そうなると押すのに重たくなります。


ということで、タイヤのメンテナンスは重要というお話でした。


#民間救急 #介護タクシー #ブログを更新

#タイヤ