家へ帰るーそこは安住の地

ストレッチャー搬送で、病院から自宅の往復等の依頼がよくあります。


自宅というのは色んな形状があり、階段の場合もあるので、力仕事間違いなしです(^o^)


病院から自宅へ帰る場合、治療が終わって帰る場合と、体力が落ちてきているので帰る場合があります。


どちらの場合もご自宅へ帰るのはワクワクして、楽しいことだと思います(お顔を見ていてそう思います)


そのワクワクに水をささないようにします。

色々なバッグ、酸素、点滴等がひっかからぬように細心の注意をします。

どんなお家の形状でもスムーズにベッド等にお連れするよう心がけています。


搬送後、どのような生活をされているかわかりませんが、お名前を思い出すたびに気にはなりますね(^-^)


#民間救急 #介護タクシー #ブログを更新

#ストレッチャー #帰宅