病院の中と外(移乗)

わたし民間救急側からのお話です。


例えば移乗(いじょう)


一般の方は聞き慣れない言葉ですが、利用者の方を車椅子からベットとか、ストレッチャーからベットなど、移動することを「移乗」といいます。


この移乗する方法はいくつかあります。



布担架で移乗。


数人の手だけで移乗。


タオルで移乗。



布担架は私のブログであげてます。


病院の方はおそらく、手かタオル、もしくはスライダーを使っています。


私は布担架のみです。


この前タオルで移乗したらタオルが切れました。


この前骨折している方を何人かの手で移乗しましたが、利用者は痛がっていました。グニャグニャしますからね。


スライダーは運ぶ側は楽だと思いますが、利用者がゴツゴツする場合があるのと、見た目にいまいち。。。



布担架は


二年以上使っていますが切れたことがありません。


布担架は握り方でピンと張ることができ、利用者がグニャグニャなりにくい。



布担架の問題点があるとすれば。


二人で移乗はできますが、多少のチカラはいります。


布担架自体を利用者の下に敷かないといけません。

下に敷く際は、利用者の体を左右に動かさないといけません。骨折されている方で体を動かせない場合は敷けません。



なるべくご利用者様が痛くならない移乗を心がけています。


#民間救急 #介護タクシー #ブログを更新

#移乗