· 

適応障害の女優

女優が適応症害と診断、芸能活動を休止しました。


深田恭子 活動休止の謎解く「昨春の出来事」連ドラ直前降板から察するSOS

深キョンに一体何があったのかーー。

大手芸能事務所「ホリプロ」が26日、所属女優・深田恭子(38)が「適応障害」と診断されたため、芸能活動を休止すると発表した。

間もなく始まる7月期のドラマを降板するという異常事態。

そんななか、同事務所の発表で気になるのは「昨年春ごろから体調を崩しがちとなり~」というくだりだ。

昨春と言えば、新型コロナの感染が広がり、1回目の緊急事態宣言が発令された時期だが…。

以上。


深田恭子といえばテレビで観ない日はありませんね。特にコマーシャル

最近でもセクシーワンピースで会見をしていました。

 

芸能界といえば、精神的ストレスはかなり強いことが想像できます。

ドラマ直前の降板ですから、本人はどうにもならない状態だったんでしょう。


適応障害

適応障害とは、生活の中で生じる日常的なストレスにうまく対処することができない結果、抑うつや不安感などの精神症状や行動面に変化が現れて社会生活に支障をきたす病気のことです。

(中略)

適応障害の症状はうつ病や不安障害などと類似していますが、その症状がそういった既存の精神疾患の診断基準に明確にはまる場合は、そちらの診断が優先されます。

たとえば、明瞭な環境変化があり、その状況に”適応”できずにうつ状態になった場合でも、症状や持続期間などがうつ病エピソードの診断基準を満たすのであれば、診断は適応障害ではなく、うつ病になります。

 

また、適応障害とほかの精神疾患をある時点では明確に区別できない場合もあり、発症当初は適応障害と診断されても、経過を追ううちにうつ病や統合失調症、不安障害など診断名が変わることもあります。

以上。


ニュースの中深田恭子氏は、緊急事態宣言の中みんなと飲み会へ行けなかった。ストレス解消ができなかったのではと書いてあります。

 

女優は芸能記者の的にされるので、一般人以上に自粛しないといけなかったでしょう。そうとうなストレスです。

 

まずは仕事場から離れてゆっくりするのが一番でしょう。

 

#民間救急 #ブログを更新 #深田恭子 #適応障害